最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

ジーシー「ルシェロフロス」をお代わりついでにコンクールの「ジェルコートF」も買ってみた。

「ルシェロ フロス」というのは、かかりつけ医で使っているデンタルフロスで、ゴシゴシと歯の側面を奇麗にしている感覚が良かったので、歯医者さんで買っていました。

その頃は丸くてコロンとした一般用?しか売ってなかったのですが、ネットで探してみたら歯医者さんと同じものがあったので、今はもっぱらネット購入です。

the-first.hatenadiary.com最初はAmazonで買ったのですが、Amazonは今2500円以上同梱しないと送料無料にならないので(プライム会員じゃないから)、Amazonより安くて、さらに送料無料の会社から買っています。

社名は怪しいのですが高評価の会社です。

続きを読む

(親知らず)歯を抜いて15日後に電動歯ブラシ解禁。

いや、抜いたところ近辺以外は電動歯ブラシ使っても良かったんだけど、なんか気分的に自粛。手が滑りそうだし!

ギリギリ手前で止められなくて、ばばばばばば

…とかなったらイヤじゃん? ジェイソン+チェーンソー=スプラッタ みたいじゃん?

 

続きを読む

歯(親知らず)を抜いて1週間後の経過観察。

上の親知らずを抜いてから「4日目でようやく血が出なくなった」と前回書きましたが

the-first.hatenadiary.com

その後プラス2日間ほどやっぱり出続けました。

流れる、とか、あふれてくる、とかではないですが、なんか滲んでくる感じ?

歯磨きのときは気をつけててもやっぱり歯ブラシが当たったり、歯間ブラシの先っちょが刺さったり。→ちょびっと出血

相変わらず痛くはないですが、なんか上と下の歯茎でものを挟んでいるような感じもときどきあります。1週間たった今でも。

 

そして歯を抜いたあと8日目に、その後の経過観察で大学病院に行ってきました!

 

続きを読む

【グロ注意:写真あり】覚悟を決めて親知らず(上)抜いてきた。

年末年始に歯が痛くなって、どうもその原因が「親知らず」ではないかという話になりました。

the-first.hatenadiary.com

で、その時に歯が当たらないように調整したら、しばらくして歯が痛くなくなって、やっぱり親知らずがクサイということになり…。

調整の様子を見るために次回の予約を取って、そのときに抜くか再調整か返事を決めるということに。

「抜く」が9割。残り1割が「痛くなくなったんだしまた今度でも…(ビビり)」と、当日まで迷いがあったのですが、結局思い切りました。

 

f:id:hawotaisetuni:20170217172129j:plain

 

インプラントする時も折れた歯(の根っこ)を抜歯したのですが、その時は「べつにいいや…」と思って持ち帰りませんでした。

今回は「持って帰る?」って聞かれて、「え…じゃあ」って感じでお持ち帰り。

抜きたてはもっとつやつやてりてり、血の跡もこびりついて抜けた肉もフレッシュでジューシィーな感じでした。丸丸3日たってだいぶ枯れて来ました。

どうせならグロついでに、抜歯直後にフレッシュな写真撮っておいて、違いを比べればよかったですね!

 

f:id:hawotaisetuni:20170217172334j:plain

 ジャイアントコーンですか…?というくらいに厚みがあって大きいんだが。

抜いた歯の大きさと薄汚さにちょっとショック。(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル 

続きを読む

【質問】大学病院だと経験がどのくらいなのか全くわからないですか、担当医のインプラントの経験などは確認されましたか?

手術を担当する先生の技能って、かなり気になるところですよね~~~!

しかも、かかりつけ医ならだいたい腕とか技術って分かるものですが(ヘタ・雑・怪しい手つきだっりしたら二度と行かないし)、なにしろ紹介されて初めてかかる先生です。その技量は未知数。

インプラントという特殊な施術なので、ちょっとお試し治療受けてから…、ってわけにはいかないですからね!

 

というわけで、少しでも会話から技能をはかろうと思って、かなり先生にはしつこく聞きました。

身内にインプラントしてる人いるのかとか、手術は週に何回くらいあるのかとか…。

 

で、身内にインプラントしてる人はいて、その先生が手術した。しかも骨の移植が必要な手術で、あごの骨を移植。家族には「痛い!」としばらく文句言われた、とか。

手術はほぼ毎日1回以上くらいはあるとか。

 

でもまあ、いくらインプラント手術の経験が豊富でも、本番で何があるか分かりませんからね!

わたしも完全にリラックスして安心しきって身を任せる、というわけにはいきませんでしたなあ。

 

-PR-