最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

今お気に入りのフロス「GC ruscello floss(ジーシー ルシェロ・フロス)」の業務用を手に入れた

フロスを渡り歩いて、近隣のドラッグストアやホームセンターのは全部使い尽くしました。

平べったいのやツルツル滑るのや、濡れるとぶわーっと膨らむやつや、ワックスもノンワックスも、売り場にあるやつはほぼ全部使ったけどどれもイマイチ。

ここのところは仕方なく、ガムのデンタルフロスをいろいろ使っていました。 

でも定期健診で行っているかかりつけ歯医者のフロスが、実は歯医者で買えると知ってからはずっとそれを使っています。

the-first.hatenadiary.com

ちなみに歯医者さんで買える「ルシェロ・フロス」は30m。

色はいろいろあるけど、カラーなのはケースだけ。糸は白。

 

そしていくら外側のケースがポップでかわいくて捨てがたくても、糸の詰め替えはできない。

目次

歯医者さんで買えるルシェロフロスはこんなの

歯医者さんで買えるのは、こういうコロンとしたケースのルシェロフロス。

 

f:id:hawotaisetuni:20160405171631j:plain

 

しかし歯医者さんで実際に使ってるのはもっとたくさんはいってるやつ。そう…

ちょうどこんなの。

 

f:id:hawotaisetuni:20160524234519j:plain

 

コロンとしたのが30mなのに比べ、こちらは200m!!

まさにこれと同じの を、かかりつけの歯医者さんで使っています。横目でチェックしました。

でもこのサイズは歯医者さんで売ってないので、ネット通販で探して買いました。

あるもんですねえ~

ルシェロフロス業務用を使う前の注意点

f:id:hawotaisetuni:20160524235355j:plain

 

私は今回Amazonで買いました。このときは送料無料じゃないけど、ほかの商品とあわせ買いしたら2000円以上で送料無料になって、結局一番安かったから。

単独で送料無料で売っているときもある。

こんな箱に入ってます。テープも元々貼ってあった。

 

f:id:hawotaisetuni:20160524235701j:plain

 

よっしゃさっそく使うでー、と思って、糸を引っ張り出そうと思ったら、全然出てこない。

ぐおぉぉぉぉー 引っ張っても全然出てこない。

箱の外側には「最初の糸の出し方」とか書いてないし。

(あるいは書いてあるのかもしれないけど細かい英文だし)

 

f:id:hawotaisetuni:20160524235918j:plain

 

もちろんあけ方なども書いてなかったけど、ヤマカンであけてみる。(容器が割れたら割れたでその時はその時だ)

カドっこのすき間にとがって薄目でかたいモノを差し込んで、てこの原理で開けてみる。

どうやら初期状態は、糸巻きみたいな中心部に、ふたで糸が噛ませてあったらしい。

ふたを開けてまた閉じたら、するする糸が出てくるようになりました!

 

さすがに200mは使い応えのありそうな量だ!巻きが分厚い。

なにしろ今まで使ってたのは30m、こっちは200mだからね。

 

f:id:hawotaisetuni:20160405171631j:plain

 

これの6個以上分に該当するってこと!でも30m6個分よりはお安い。

 

どうせ引っ張り出して切って使うから、容器はフロスとは全然関係ない。

小さい方がコロンとしててかわいいけどね。

たしかに容器は関係ないけど、大容量のはピンクのケースしかないのがさびしい。

(あ、ノンワックスならケースは白です。)

糸の色まで違うわけじゃないけど、黄色とか紫とかのケースがあると楽しそうな感じするけどなー!

-PR-