最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

インプラント埋入手術「抜糸後」の経過観察

インプラント手術後の抜糸からほぼ1カ月後、経過観察の日が来ました。

自分で無理矢理口の中に鏡を突っ込んで、手術したところを見学してみると(全部はさすがに入らないですがそれなりに見える)、歯茎の下にうっすらと金具が透けて見えます…  (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

っていうか心なしか、プラスドライバーで回せそうなねじ頭が見える 気がします!!!

なんか出てきそうで怖い!

f:id:hawotaisetuni:20170917175148p:plain

あとまたしても歯茎が復活してるのすごい。

目次

っていうか「出てくることもあるかもしれない」とは言われていましたギャアァァァァ

それで問題ないみたいだけど、やっぱり気になる…!

というわけでやや心待ちにしていた経過観察の日。 

診察を受けると「キズはきれい」「経過も良好」ということです。

でも相変わらず、インプラント埋めたところは歯ブラシ当ててはいけないという。時々当たってるけど。

歯ブラシで歯茎マッサージは血行促進にいいですが、キズがあるときはやめましょう…。

診察室に響く外国人男性の声

抜糸後の経過は見た目上問題ないようでしたが、そのあと何か大きめの、しかし人間一人で持ち運びできるサイズのメカを持ち出して来て、インプラント埋めたとなりの歯を叩き始めました。

診察・治療中は目が合うのがイヤなのか、患者は顔にタオルを乗せられています。だからメカの正体は分かりませんが…

実は閉所恐怖症のケがちょっぴりあるので、視界をふさがれることも苦手です。タオルがかかってようがなんだろうが、眼球全開です。

隙間からなんか見えるかもしれないし。

 

さてカカカカカン!というくらいには結構強めに歯をたたき、そのあと「マイナスァイブ」という、外国人男性っぽい声が響きました。

 

なんだよなんだよ~ なにごとだよ~~~

マイナス5ってナニよーーー

と不安に思っていると、先生が「だいぶ骨がいいね。しっかり埋まっているね」と言いました。

歯を叩いて強度を調べてたようですが、マイナスは数値が大きいほど強い、ということです。

標準はマイナス3くらいだというので、それより数値の大きい私の骨はけっこう強くて丈夫だそう。これも納豆など豆製品とチーズとコラーゲンのおかげか。

 

ε-(´∀`*)ホッ としたところで次回の予定を言い渡されます。

 

「次、頭交換するから」

 

えええーーー!頭交換?!

「頭」?!

透けて見えるプラスドライバーで回せそうなところのこと??

歯茎に埋まってるのに?!

 

「ゴールデンウイーク明けでいいね」と着々と予定を入れられていったのであります…。  

【本日かかった料金】

診察:756円 

駐車料金:300円

今日まで合計286,946円

-PR-