最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

【予定】とうとう最後の親知らずとさらば…!

今月インプラントの定期メンテナンスに行ってきました。

術後1年以上経過したので、今回はレントゲンも撮影。自費のレントゲンは怖いんだよ!(金額が!)

で、メンテナンスはいつもどおりつるぴかにしてもらって終了。掃除してるときにでてくる水が、ぬるま湯で気持ち良かった。キーンとならないしね。

 

インプラント周辺の歯茎がなんとなーく下がってきてるような…歯の根元の歯茎がなんかへこんでるような…と気になってたけど、レントゲンも特に問題なく。

歯間ブラシとかする時、なんとなく炎症起こしてるような痛みがあったんだけど、問題ない範囲内だということでホッ。

 

それよりも年末からずっと右下の奥歯が痛くなってて、そこは部分セラミックがかぶせてある歯。神経あり。

で、その歯が突然、なにもしてないのにカタカタカタカタって鳴ることが何度かあって、ラジオになっちゃったりするの?!と恐怖に震えていたら、そのうち痛くなってきて…

 

あ~また治療のやりなおしかよおおおお、と思ったのですが、どうせ年末年始はかかりつけの歯医者も休みだし、年明けはインプラントの定期検診でもともと予約取ってたし、その時まで我慢することにしました。

滲みる、というのはなかったんだけど、何もしてなくてもズーンズーンという痛みがあり、噛みしめると痛い。

まあものが全然食べられないほど痛い、というわけではなかったけど、年末年始はずっと気になってましたね。

 

で、メンテナンスのときそのことを伝えて先生に見てもらったら、歯はなにもなっていないと。

考えられる原因は

・歯肉が薄くなっていて歯が痛くなる

・親知らずが下の歯や歯茎に当たっている

・噛みしめが強い

などで、歯肉は見た目にも滲みてもおかしくないくらいには薄くなってるんですって。歯ブラシゴシゴシやり過ぎとかは良くないですね。

あとは4本中最後の1本となった右上の親知らずが、伸びてきて下の歯に当たっているのでは?というのが疑わしいとのこと。

 

かかりつけの歯医者でも、下にかみ合わせる歯がないから親知らずが伸びてきてる、って事あるごとに言われてたんだけど、とくに悪くなってもいないのに歯を抜くなんて… 怖いじゃん?!

ほかの親知らずはずっと昔に、斜めに生えてたり炎症起こしたりして抜かざるをえなかったんだけど、最後の1本だけはまっすぐに生えてるし悪くもなってないし…

 

しかし今回、疑わしい親知らずと、当たってそうな下の歯のエナメル質をちょっと削ってみて、1ヶ月くらい様子を見ようということになりました。

今回の調整で歯が痛くなくなったら原因は親知らず。そのときは抜歯も含めて検討を…ということに。

で、2月に予約取って帰ってきました。

 

そして歯の痛みはどうなったのかというと…

魔法のように即痛みが消えたわけじゃないけど、歯を削って2週間くらいたった今はほぼ痛みはないです。

ああ…こりゃ決まりだ…

「残しておいていいこと一つもない」とまで言われる親知らず。

なんかいつか役に立つんじゃないかと(移植とか)大事に取っておいたけれど、とうとうお別れをすることになりそうです。

心の中では抜歯に9割ほど傾いていますが…予約した日は「抜歯か調整」でとってあるので、その場で決めることができます。

 

ビビりなので当日翻意するかもしれません!

 

ちなみに今回かかった金額は、レントゲン+メンテナンスで11,000円ほどでした。

思ったよりかからなかった!

 

-PR-