読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

本物のウソの歯が入ってからの第1回経過観察

しばらく放置していてナニをしていたのかといいますと、今までの記事を見やすく書き直してたりしました。

「歯は?」

と気になるところでしょうが、経過観察期間が3カ月ありました。

なので、10月に本物のウソの歯が入ってから3カ月後、今年の1月になって第1回目の経過観察に行って参りました。

 

現在の歯のようすは?

本物のウソの歯は気をつけながら使っていたのですが、現在はほとんど他の歯と区別してないです。電動歯ブラシも使っちゃってるしね!

最初は炎症とかキズとかがつくのがすごくこわかったのですが、時間がたつとあんまり気にならなくなりました。慣れって怖いね!!

怖いのは、痛いこともそうだけど、歯槽骨に埋まってるインプラントが変なところで折れること。かぶせてある歯は保険期間中なので壊れてもイイです。

むしろ壊れてしまえという感じです。痛いのはやだけど。

なぜかというと出来上がりの使い心地が気に入らないからです!

 

本物のウソの歯の気に入らないところ

まず手前の歯との接地面はだいたいいいのですが、後ろの歯との接地面が少ない。

フロスも抵抗なしにスポッと入っちゃう。

そして外側から見ると両脇の歯とインプラントの歯は、表面がそろって違和感はないのですが、内側から見ると、明らかに両隣の歯より内側にへこんでいるんです。内側から見ると歯がちっちゃいんです。

そのため両脇の歯とインプラントの歯との間に、モノが挟まりまくりです。

なんでこんなにちっちゃいの?凹んでるの?

直してよ!

と(もっとソフトに)談判したのですが、やはりインプラントの歯は修正できないとのこと… チッ

20万もした歯なのになおせないとかお粗末すぎ。

半分以下のセラミックの歯だって、ぴったり合わなければ無料で直してくれるのにさ!

まあモノを噛んだり食べたりするには不都合はないのですが、必ず凹んでいるところにモノが詰まるのが不愉快です。

不愉快でイヤだけど、それも4カ月にもなるとだんだん慣れてくるのが人間のかなしいところ。

 

それから顎関節症を発症しました。

あるときご飯を食べてたら、何か食べた瞬間に右の耳の手前の関節がゴリっっていいました。

「あがっ?」となって、とりあえず口の中のものを噛んで飲みこまなければ、と思いましたが、口を動かすたびに耳の近くの関節がゴキっゴキっといって、おまけにモノを噛むと痛いです。

なんじゃこりゃああああ

と思ってあせって、音がして痛かったあたりの関節を、押したりマッサージしたりして、戻れー戻れーと祈りました。

そしたら何とか、その場では関節がゴキゴキ言うのはおさまりました。

噛んで痛いのも。

でもそれ以来、ずっとあごが不安定で、何か食べたはずみでまた関節が、ずれそうな感じになったりポキポキいったり変なふうになります。キャベツの千切りで発症したこともありました。

堅いものだけじゃなく、シャキシャキしたものも危険みたいです。

それは現在も続いています。あごの関節が正しい位置に入ってないような、そんな感じ。

経過観察に行ったときについでに大学病院で相談してみたけど、安静にするしかないみたいです。

でも動かした方がいい、っていう説もありますよね。

どっちがいいか、自分で試してみるといいと思います。私は一生懸命あごの運動してた時よりも、なるべく動かさないでいた方が良かった気がします。

 

で、経過観察は何するの?

経過観察はアレですね。普通の歯科医院でもやってる、3か月ごとの定期健診みたいなやつ。

私の通ってる歯科医院では、上の歯と下の歯を別の日にわけてやりますが、大学病院での経過観察ではいっぺんにやりました。

歯石の除去と着色なんかを磨いて落とす、歯科医院の定期検診と一緒です。

それよりちょっとお高いだけです。(何しろどこまで行っても自己負担10割です!)

でも普通の歯科医院でも3千円くらいはかかるので、そんなにびっくりするほど高いわけでもなかったです。

 

この経過観察は3カ月おきぐらいにずーーーっと続くみたいです。

 

【本日かかった料金】

経過観察 5,940円

駐車料金 500円

今日まで合計 541,548円(インプラント埋入手術からおよそ1年経過)

 

-PR-

  •