最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

仮歯カスタマイズ

前回1年ぶりにやっと入った仮歯。

歯抜け状態から脱して、噛む場所を気遣わずにものが噛めるのは久しぶりー!を味わったのですが、歯の隙間が気になりました。

モノが挟まりまくり。焼きそばとかパスタだと、麺がそのまますぽっとはまって、にっちもさっちもいかなくなります。引っ張り出すけど。

家では引っ張り出せても、外で誰かと食べる時、これじゃ困りますよね~~~~!

 

噛みごこちには特に問題なし。

まあまだおそるおそるですが、バリっとしたものもガリっとしたものも一応普通に噛めます。

歯がぐらつくことも、噛んだときに痛みを感じることもないです。

ただモノが挟まる。あと、歯の素材がプラスチックだからか、食材によっては歯とこすれて「キュッ」ってなるのがイヤ。

歯磨きの時の歯ブラシが当たる感触もあんまり好きじゃない。かしゃかしゃした感じなの。

本日通院日。

とうとうリアルに追いついたので、今日の記事は本日通院した後に書いてます。

今日の診察では何をしたのかというと、歯のクリーニングと(特に紅茶の着色汚れがタチが悪い)仮歯の調整です。

「歯にモノが挟まりまくるんです!」と言ったら「じゃあ治そう」となりました。隙間にセメントでも詰めるのかな?

と思ったら、目隠しされてるので分からないですけど、なんか初めて使う素材で隙間を埋めてました。

最初は練った感じの素材を詰めて、そのあと何かを照射している感じがして、それが固まったみたいです。

口を閉じようとしたら、その固まったものがカツンと当たって閉じません。

削ってる音が頭蓋内に響き渡る…

この固まったものを、いつも歯を削るようなドリルとはちょっと違うもので削ってなだらかにしていくのですが…

このドリル?が、回転音がやたら甲高くて、きゅいぃぃぃぃ~~~ん!という感じなんですよねー。

歯医者で聞こえてくるあのきぃぃぃぃーん音とは違ってもっっと軽く、キンキン来ます。それが口の中で響いて脳みそを震わせます…。

ちょっとずつしか削れないのか、結構長い間キュインキュイン削っていました。ほんとなんか、もうちょっとかかったら発作とか引きつけとか起こしそうでした。

でもまあ我慢してればいずれ終わりは来ます。

やっとなだらかになって、噛み合わせの調整もして(ここで妥協は絶対しない!)終了しました!

歯のクリーニングと無駄話と仮歯調整で、きっちり1時間と言う感じでしたね。

次はまたしても型どり。

今日帰って来てからはまだグミしか食べていないのですが、調整した仮歯はなかなか良さそうな感じです。

今夜は、昨日まで挟まりまくっていた「麺」を晩ごはんにする予定なので、どれだけ改善したのか試してみます!

さて、次回はまたしても型どりだそうです。いやだああああああ!型どり嫌い!

今度の型どりは正真正銘最後の型どり、つまり、本物のウソの歯(20万くらい!)を入れるための型どりです。失敗は許されません…。

スムーズに行ったら1週間とか2週間後に予約が入ると思われますが、世の中何しろ夏休みシーズンです。

病院も混んでるし、先生たちも順番に休みに入る。

というわけで、次回は8月の中頃の予約となりました。そのあとはとうとう仮歯じゃない高級歯が入るのね…!

ということはまたしても、お金の段取りをしとかないといけないということだー!

 

【本日かかった料金】

仮歯カスタマイズ他:3,780円

駐車料金:300円

今日まで合計304,600円

 

-PR-