最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

1年ぶりに歯(仮)が入った!

型をとってから3週間。いよいよ仮歯が入ります。

ホントは10日くらいで仮歯は出来るみたいだけど、予約がいっぱいで、なかなか出来たらすぐ・最短で、というわけにはいかないです。

思えば最初に紹介状持ってくるときも、電話して予約してから1カ月くらいあとになりましたからね!

入りこむまでなかなか大変な歯科大学病院ですが、入りこんでからも週に1回通う、というのはかなり難しそうですよ。

仮歯が入るこの日もいつもの診察室。

まずはねじ頭を外して、ここで本物の土台が入ったはずなのですが良く分かりませんでした。

というのも、土台だと思って「きつい」とか「まだみっしりしてます」とか調整してもらってたのですが、終わってみたらそれが仮歯の調整でした。

歯は抜いているので、そもそも神経的なものがあるとは思えないのですが、やっぱりぎゅうぎゅうした感じをうけます。

隣の歯が感じてるのかな?!

こんなもんかな…?と妥協しようとしたら…

1年間歯が無かった場所なので、多少みっしりした感じはあっても普通かな?と思いました。

普通の歯の治療でも、出来上がった歯をかぶせてみるとなんかきつめな感じしますよね!

なので「これでどう?」と聞かれた時に「うーーーん、ちょっときつい気がしますけど、こんなもんかな?」と答えたら、先生がちょっと呼ばれて中座しました。

その間にやっぱり歯がきつ過ぎる気がして、だんだんジンジンしてきて…手に冷や汗が出てきました。

ダメだ!これじゃきつ過ぎるー!

食べてみないと分からない。

その後いい感じに調整してもらって、とりあえず仮歯はおさまりました。鏡で見ても本物の歯みたいに違和感なく、ずっとそこにあった歯みたいです。

でも実際に物を食べてみないと、高さが合わない・当たるとか、痛いとか、不具合があるか分からないですよね。

で、何かあったら電話するようにとのことで、この日は終了。

この日の晩ごはんからいよいよ仮歯でGO!です。

噛む場所に慎重にならなくてもいい…

この日の晩ごはんは休肝日のため、具だくさんスープでした。

なのでホントにしっかり歯を使ったことにはならないのですが、具を噛むとき、歯が無いこの1年間は、歯が無い箇所の手前か奥か、噛むたびに微妙に調整していたのでした。

だがしかし!

歯が入った今!噛む場所を選ばずに、どこででも噛むことが出来る!

なんたるひさびさの感覚…!

硬いものも大丈夫だって言うんで(そこそこ限度はあるでしょうが)、せんべいと氷も食べてみました!

ま、やっぱり欠けたり、インプラントごと折れたりするのがイヤなので多少慎重にはなりますが、結構大丈夫でした。

でもねえ…ちょっと問題発生。

仮歯と本物の歯の間にモノが挟まる!

鏡に映してみてみたら、奥の歯と仮歯の間にかなり隙間があいてるのが見えました。ここにザックザック食べ物が挟まります。

こんなぴったりしてない歯ってアリなの?加工技士がヘタクソ?というくらいには不快な隙間。

本物のウソの歯が入る時はこんなこと無いと信じたいけど、この隙間のあいた仮歯を使い続けるのもストレスだなあ…

次に行ったときに相談してみよう。(また3週間後とかだけど!)

 

【本日かかった料金】

仮歯設置:6,674円 

駐車料金:900円

今日まで合計300,520円(とうとう30万超え)

 

-PR-