読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

第一次インプラント埋入手術当日!リベンジ編(後編)

さて、2014年末に予定していたインプラント埋入手術が、ショック死しそうになって中止になってからおよそ1カ月後、とうとう再手術日がやってまいりました。

 

前回、リラックスするための薬を飲んだ後、しばらく別室に放置されていた私ですが、とうとうそのときがやって参りました。 

2回目の手術台 

リラックス薬で手足がほわ~んと酔っぱらった時みたいな感覚になったまま、手術台へと移動します。

とくにフワフワして歩きづらいとか、そういうことはありませんでした。

 

さんざん放置されていた間に準備が整ってるのかと思いきや、前回と同様、私が手術台に乗ってからガチャガチャと準備が始まります。

あらかじめ出しておくと、汚染したりするからかな?

 

今回は前回使用した顔に貼りつけるベタベタしたシートと、その上からさらに顔を覆う大きい布は無しでいきます。

あの布はものすごく圧迫感があって息苦しく、涙がにじんでも拭く事も出来ないので、イヤだったので良かったです。(痛くて涙が出てくるわけではありません)

 

右腕に血圧計、左ひとさし指先に脈を測るクリップ、右手に握るとプーと鳴る人形。

ここは前回と一緒です。

そして今回は初体験の笑気ガス。

枕もとのガスボンベみたいなのから、鼻の位置に吹き出し口が付いているチューブを持ってきます。最初は酸素だけみたいで、シューシューと結構な勢いですでに出ていいます。

なんか鼻の中に涼しい空気が送り込まれてきて、必要以上にスカッとした感じが逆に落ち着きません。

息を止めたくなるけど、鼻から呼吸するように指示されます。 

甘クサ!おまけに死にそう!

そうこうしているうちに先生たちも入ってきて、顔と口の消毒をして準備がととのいます。

鼻からは甘い空気が入ってきて、その甘さがだんだん濃くなっていってる感じです。

甘くて気持ち悪い!! でも笑気ガスの効果か、手足が暖かくなってきます。

 

そして麻酔。1本。2本。

2本打ったところで、前回死にかけた時と比べ物にならないくらい、心臓がバックンバックン打ち始めました。死ぬ!

というくらいの心臓の鼓動だったのですが、取っているデータの数値上は問題ないみたいでした。

 

麻酔を打ったところまでは前回と一緒です。このあとが未知の領域。 

入刀!手術スタート!

生あったかい生理食塩水が吹きかけられながら、歯茎にメスが入った感覚があります。けっこうぐいっぐいっという、力強い感じ。そしてばってんに切り開かれている感じ…

全然痛くはありません。 でも笑気ガスの甘さが気持ち悪い!

胸に(肺に?)あったかくて甘い空気が溜まっている感じでむせそう。

 

ガスの甘さと戦っているうちに「まいにゅう」と聞こえてきました。

まいにゅう?と思っていると、頭蓋にキュルキュルキュルという、電動ドリルでねじが埋め込まれているような衝撃が来ました。(想像。痛くない)

「ああ、埋入ね」と思っていたらなんか可笑しくなってきたのは、笑気ガスの効果なのかどうなのか…

ねじ(インプラント)が埋め込まれた後は縫合です。気分的に、フック状の釣り針っぽいもので縫われているような、そんな痛みがありました。

人生初のインプラント埋入手術終了

縫合が終わったらしばらく脱脂綿を噛みしめて、止血します。

そうしている間に周りはどんどん片づけられていきます。

笑気ガスをとっとと外してほしかったのですが、つけた時とは逆に、だんだん空気の比率が多くなっていって、甘くて気持ち悪い空気が薄まって行く気がしました。

げふぉっとむせましたけどね。

 

手術終了後は、無事にインプラントが埋まっているか、レントゲン撮影をします。

写真はすぐ現像されて、診察室で先生から説明をうけます。

 

埋め込むときに上顎の骨を突き抜けて、副鼻腔に穴が開くのが怖かったですが、そのようなこともなく手術は終了しました。

斜めに入ると思っていたインプラントもまっすぐ入っていました。

 

いろいろ大騒ぎした割に、けっきょく手術をしていた時間そのものは10分くらいでした。あっという間です。

 

次回は10日後に抜糸です。 

 

【本日かかった料金】

手術:233,323円 (((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル

駐車料金:900円

今日まで合計284,942円 

 

 -PR-