最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

このすきになかなか治らない口内の荒れを治しておく。

間抜けながらもちょっと命の危険があって、中止になったインプラント埋入手術。

年末も近かったので、再手術もじゃあ来週ね、というわけにはいきません。

再手術は翌月末ちかくに設定されました。およそ40日後です。

 

口の中の荒れが治まらない 

結局手術が中止になったものの、麻酔は打ったので、そのあと歯茎が赤黒く内出血みたいになっていました。

まあそれはしばらくすれば消えるのですが、それより、手術の前から荒れていた口内が、一向に治る気配が無く、逆に広がっている感じです。

 

どんな状態なのかというと、

・歯磨き粉がしみる

・歯ブラシが当たるだけで痛い

・一部の歯と歯茎の境目から出血がある

・なんとなく赤みがかかって斑点のようなものも見える(歯茎の内側も外側も)

という感じです。とにかくヒリヒリするのです。

 

しばらく消毒のつもりでうがい薬を使っていましたが、良くなった気がしないので、近所のかかりつけ医に行ってみました。

 

内科の診断でよくなったためしがない。

その前に内科のクリニックに行く用事があったので、状態を説明すると「亜鉛不足の症状に似ている」ということで「プロマックD錠75」という薬が出されました。

亜鉛が含まれた胃薬ということです。

 

この薬を朝晩食後に飲むのですが、自分としては「絶対亜鉛不足なんかじゃないはず」という思いが強く、3日で飲むのやめてしまいました。

 

そりゃーうなぎやレバーや牡蠣を毎日食べているわけじゃないけど、牛肉とか海藻とかチーズとかばんばん食べてるし、味覚障害では絶対にない!

ということで、内科がダメと来たら口の中のことはやっぱり歯医者さんですよね。

 

持つべきものは近所のかかりつけ歯医者

 f:id:hawotaisetuni:20150410191736j:plain

 

結局出されたのはご覧のようなうがい薬でした。

かかりつけの歯医者さんが見ても何だかわからない炎症だったようです。

「ネオステリングリーン」で検索したら以下の商品がヒットしました。

 

 
コンクールF

 

これにも殺菌作用があるみたいですね。しかもヒリヒリしないらしい。

 

今回の炎症はまめに消毒して、なるべく歯ブラシでゴシゴシしないように優しく磨いて、様子を見るしか無い感じでしたね~。

 

しかしこの薬がまあ、良く効きそうなくらいくっそマズで、しかもキャップと同じような緑色。

その緑色がコップや洗面台についたら消えなそうな感じです。

これで、歯磨きの最後に毎回消毒することになりました。

 

歳をとると今までかかったことのないような病にかかるのだな 

結論から言うとこの薬を1本使い切っても炎症は治らなかったです。

でも世の中は年末年始に突入していましたので、この「ネオステリングリーン」を使い切った後は市販のうがい薬「イソジン」を使って引き続き消毒に励みました。

 

そうこうしていたら、その後しばらくしたら徐々に良くなっていきましたけどね!

でも1カ月くらいはこの謎の炎症に悩まされ続けました。

 

現在はそれから3カ月ほど経ちますが、今のところ再発していません。歯茎が「ヒリっ」とするとかなりどきっとするのですが!

 

 

【この炎症でかかった歯医者代】

940円(内科の胃薬代・イソジン代含まず)

 

 -PR-