最初の一本~インプラント実践記

40代で初めて永久歯を抜歯し、インプラントを入れることになりました。

手術前の宿題~パッチテスト

インプラント手術の日は決まりましたが、その前に必要な検査があります。

 

まず血液検査。

これは健康診断を受けていれば、そのデータ(結果表)を持ってくれば大丈夫です。半年くらい前に受けた結果でも大丈夫みたいです。

 

ただし健康診断の血液検査ではやらない項目があるので、それはやらないといけません。感染症検査です。

何もかも負担10割ですけどね…。

 

そしてもう一つが金属アレルギー検査

何しろ体内に金属を埋め込むわけですから、こういう検査が必要なんですね。

 

私があと必要な検査は、

感染症(血液検査)

・金属アレルギー(パッチテスト)

の二つです。

 

感染症検査については、手術当日にすることになりました。

パッチテストは、手術日が決まった日の帰り際に二の腕にシールを貼られて、普通に生活しながら48時間検査をします。

 

f:id:hawotaisetuni:20150228183720j:plain

 

6と9の違いがいまだにイマイチ分からず。

6,7,8はチタン。

9が比較のためのワセリンが練り込まれているシールです。

6の方が腕の付け根側。9の方にひじがあります。

貼ったままお風呂も(シャワー程度ですが)入れます。

ただしシール部分をこすらないように注意。

 

アレルギーがある人は、赤くなったり発疹が出来たりかゆくなったり、いかにもな症状が出るようです。

私は花粉症ですけど、多分金属アレルギーは無い。(という根拠のない自信あり)

 

f:id:hawotaisetuni:20150228183817j:plain

 

わき上がる衝動との戦い

アレルギーは出なかったけど、シールの上に貼っている透明のシートのふちがかゆくなってきて困った。絆創膏ですら丸1日貼っていられない性質だというのに。

おまけにちょっと破けた。 猛烈にはがしたい衝動にかられる!

 

まあ我慢して、きっかり48時間後にはがしました。

アレルギー反応は出ませんでしたがこれで終わりじゃないんですね~~~。

 

数日たって反応が出てくる人もいるというので、はがした後、1週間後にシールを貼っていたところに変化が無いか確かめます。何度も忘れそうになります。

 

この結果を病院に電話連絡して、パッチテストはやっと終了です。

 

次回はいよいよ手術前の最後の通院。何をするというのだろうか。

 

-PR-